ホーム > 設  備 > 水中ロボット > ROV MARCAS-V

設備情報

水中ロボット ROV

ROV MARCAS-V

MARCAS-V

ROV MARCAS-V(ROV: Remotely Operated Vehicleの略)は、ケーブル敷設保守船「KDDIパシフィックリンク」(KPL)に搭載され、運用を行っています。

最深3,000mまで潜行し、ケーブルの埋設や保守作業などを行います。埋設は、大量の海水を取り込み、海底に吹きつけ、溝を掘ることにより行います。埋設深度は2.0mまでです。
また、作業海域、作業状況等に応じてトラックモードとスキッドモードの選択が可能で、最新鋭のナビゲーションシステムを搭載しています。
(ROV MARCAS-Vのパンフレットはこちらを参照)

仕様

最大使用水深 3,000m
サイズ 長さ: 4.5m(1m埋設ツール)  5.4m(2m埋設ツール)
高さ: 2.7m
幅: 3.1m (トラック装着時)
重量 空中: 8,700kg (トラック装着時  9,300kg)
海中: 中性浮力 (トラック未装着時)
推進能力 スキッドモード: 水平 3ノット  垂直 1.5ノット
トラックモード:  2,200m/hr
パワー

合計: 300HP (150HPx2)

スラスタ 水平:  直径 380mmx4基
垂直:  直径 300mmx4基
最大埋設深度

2.0m (海底地質による。)

アンビリカルケーブル

3,300 m (外装ケーブル)

MARCAS-V作業シーン

降下・揚収設備におけるMARCAS-V

1. 降下・揚収設備にて吊り上げられた、水中ロボットMARCAS-V

ジェットツールを取り付けたMARCAS-V

2. ジェットツールを取り付けたMARCAS-V

MARCAS-Vの操作室

3. 操作室にてMARCAS-Vを操作中

ROVパイロットは船上にある操作室で、水中カメラやソナーなどの各種センサにより、海底の状況や ケーブルを観察しながら、ジョイスティックでROVを操縦します。

Copyright 2001-2010 Kokusai Cable Ship Co.,Ltd. All Rights Reserved.