ホーム > 設  備

設備情報

水中ロボットなど多様な設備が、海底ケーブル建設・保守をサポートします。

海底ケーブルの建設・保守においては、海底ケーブルを漁業等による障害から守るための浅海部での埋設や、埋設されたケーブルの 修理、深海部での敷設、修理を行うという特殊な条件のもと、人の手により直接ケーブルをさわり、操作することができません。 また、海底ケーブル障害時、人間の目に見えない、埋設されたケーブルを探知することなども必要です。
このため、船上から遠隔で操作する水中ロボットや、埋設されたケーブルを取扱う様々な設備が用いられています。これらの設備を紹介いたします。

水中ロボット MARCAS-IV

ケーブル埋設機 PLOW-IIを使えない場合や、埋設ケーブルを修理後、再び埋設する場合に利用します。KDDIオーシャンリンクに搭載されています。

水中ロボット MARCAS-IV

水中ロボット MARCAS-V

MARCAS-IVと同様の機能の水中ロボットです。小型軽量化・水中運動性能の飛躍的向上が実現されています。KDDIパシフィックリンクに搭載されています。

水中ロボット MARCAS-V

ケーブル埋設機 PLOW-II

海底ケーブルを敷設しながら埋設を行う場合に、ケーブルシップで曳航することにより、利用します。

ケーブル埋設機 PLOW-II

ケーブルプローブ

水深100mまでの浅海部で、ダイバーにより、埋設された海底ケーブルの位置と埋設深度を確認するために使用されます。

ケーブルプローブ

水中クランプメーター

どのケーブルが障害かを特定するために利用されます。特に、多数のケーブルが輻輳するエリアにおいて、障害ケーブル特定の場合に、有効です。

水中クランプメーター

 

Copyright 2001-2010 Kokusai Cable Ship Co.,Ltd. All Rights Reserved.