ホーム > ソリューション > 海底ケーブル保守 > 弊社の取組み

ソリューション

海底ケーブル保守

弊社の取組み

弊社では、KDDIオーシャンリンク(KOL)及びKDDIパシフィックリンク(KPL)の2隻のケーブル船、及びケーブル接続の国際的な共通技術であるUJ(ユニバーサルジョイント)による接続資格を有する多数の接続技術者、また、豊富な経験を有する優秀なケーブル技術者が万一のケーブル障害に備え常に出動の体制を維持しています。

障害修理の要請を受けた場合は通常24時間以内に必要な機材の積みこみを開始し、積み込みが完了次第現場に急行します。

また、通常のケーブル船では修理が出来ない水深20m以下の沿岸部や陸上部のケーブルの修理においても協力会社からチャーターする台船を使用した修理やダイバー作業なども状況に応じて実施しています。

保守能力

弊社が保有するケーブル船、KDDIオーシャンリンク及びKDDIパシフィックリンクは、各々50日間の連続作業が可能です。またそれぞれの船上に装備する水中ロボットMARCAS-IVとMARCAS-IIIは2500mの水深でのケーブル作業が可能です。
海底ケーブルが網の目のように敷設された海域や水深約7,000mでの修理も含め、業界で最も困難な作業にも成功例を樹立しております。

また、昨今では通信用海底ケーブルのみならず、電力ケーブルの保護工事でも引き合いを頂いており幅広い保守能力を有することがお客様はもとより業界関係者からも高い評価を得ております。

保守エリア

現在、横浜ゾーン保守のケーブル船である、KDDIオーシャンリンクのケーブル保守範囲は、グアム島を含む西経167度以西、また本邦から台湾まで広範囲に及びます。

また、KDDIパシフィックリンクはKDDIの国内ケーブル(JIH)の保守を担っている関係上、通常は北海道から沖縄までとなりますが、お客様からの要請に応じて台湾・韓国周辺でのケーブル保守作業にも従事した実績を持っています。

Copyright 2001-2010 Kokusai Cable Ship Co.,Ltd. All Rights Reserved.